site logo

thumnail

【8月19日(水)】テーマ:フジロックで初めて出会ったアーティスト

■sensorとは?
『ダンスミュージック、ファッション、ストリートスポーツなど東京と世界のカルチャーを繋ぐキュレーションプログラム。』をコンセプトに、InterFM897で毎週月曜から金曜日19時からお届けするするラジオプログラム。

レジデントDJのCARTOONを中心に、タワーレコード株式会社が運営する楽曲のキュレーションメディア「TOWER DOORS(タワー・ドアーズ)」、国内最大のダンスミュージックポータルサイト「 clubberia クラベリア」等とメディア連動していきます。

【公式Twitter】https://twitter.com/sensor897

 

■プレゼント企画実施中!

 

■本文内容

C:今夜はTOWER DOORSの小峯さんと、今週末に始まるFUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON YOUTUBEで放送されるルーキーアゴーゴーで6組中3組がTOWER DOORSで取り上げたアーティストなんですよね!

 

K:僕も驚いてます!ww

 

(Moshiさんの曲紹介)

 

K:Moshiさんは、今回のFUJI ROCK FESTIVAL’20に22日(土)に配信となっております。

 

ここで一つ注意事項というかお知らせなんですけど。

 

今回、ルーキーアゴーゴーはトータル6組出演されて、その中から毎年、1組翌年のレッドマーキンの出演することができるという!

 

C:ceroとか、King Gnuもそうなんですよ!

 

K:ROOKIE A GO-GO投票企画 『来年目指すはメインステージ!』が今回も行われるらしいので、ぜひ!

 

配信を見て、Web投票で行われるらしいので、本番のライブ配信を見てどのアーティストが良かったのかをぜひルーキーアゴーゴーで投票して欲しいですね。

 

What is “目指すはメインステージ”

この企画は、新人の登竜門ステージ「ROOKIE A GO-GO」に出演を果たした、才能溢れるアーティスト達の中から「1組」、翌年のフジロック主要ステージのいずれかに出演が約束されるという夢のようなプロジェクト!

そして、その1組を決める投票を皆さんから受け付けて、一緒に出演アーティストを決めて応援して行くプロジェクトです!

2012年の企画スタート以来、cero、MONO NO AWARE、CHAI、海外からはManic Sheep、そして昨年は突然少年がRED MARQUEEへの出演権を見事獲得しました。

9回目を迎える今年は、苗場での開催延期に伴い、Youtubeにてライブ映像を配信、そのパフォーマンスを見てどなたでも投票いただけるWEB投票を実施します。その投票結果を踏まえて来年の出演アーティスト1組を選考いたします。

 

C:俺もすでに悩んじゃうじゃんww

 

K:全員入れちゃいましょ!!www

 

C:一番聴いてるのは、Moshiさんですけど、Bearwearさんも聴きたいもんね。

 

K:Sarmさんも聴きたいですし!

 

C:そういう楽しみ方がFUJI ROCKっぽい!

 

K:ここからはCARTOONさん隠してくださいww

 

プライベートで!w

 

C:リアルでも、デジタルでも、生放送で見てライブが良かった!となるんですよね!

 

そこがフェスの楽しみ方なんですよね。

 

K:そこでファンになる瞬間があるんですよね!!

 

初めてのフェスでの出会いがあるんです!

 

C:Moshiさんのファンだと思ってたけど、Bearwearがすげーいいなと思ったらそっちにいっちゃう可能性があるとか。

 

K:他の3組もぜひチェックして投票してください!

 

C:来年誰が出るのか楽しみですよね!!

 

K:来年になったらわかるというドキドキですよね。

 

C:TOWER DOORSはルーキーアゴーゴーにバシバシ出ちゃうようなキュレーションメディアなので他にも素晴らしいアーティストが出ています!

 

【音源はこちらから】

https://anchor.fm/interfm897-sensor/episodes/20200819-sensor-eics41

komine profile image

小峯 崇嗣

2019年4月にローンチした、タワーレコードによる音楽キュレーションメディアTOWER DOORSの発起人。〈HIGH QUALITY CURATION MEDIA〉を掲げ、専門スタッフが厳選した新人アーティストの楽曲をラジオ型YouTubeチャンネルで聴くことができる。週に3~4曲の新曲を発信・紹介。これまでに紹介したアーティストは約180組、楽曲は約190曲。また、ポッドキャストやSpotifyプレイリストなども作成し、注目するアーティストへのメール・インタビュー記事「6つの質問」をミュージック・レビュー・サイト「Mikiki」に掲載している。その他では、個人ではSpincoasterのキュレーターも務め、記事を寄稿したりしている。